トラブルを起こしてしまったときの対処の方法について

コンテンツ

その後について

交通事故の後には、後遺障害が残ってしまう可能性があります。その場合にはある認定を受けることによって得することがあるので、これを参考にその手順について学んでおきましょう。

詳細を読む

多様化について

結婚専門の弁護士には様々な種類のサービスを受けることができます。そのサービスの種類の違いをはっきりと理解しておき、どんなものを受けると良いのか自分の立場に合わせて考えてみましょう。

詳細を読む

知識について

相続をするときにはどのような手順で行われるのか覚えておく必要があります。そうすることによってスムーズに手続きできるようになるので、急なトラブルにもすぐに対応できるようになるのです。

詳細を読む

後遺障害について

他の賠償とは異なる性質がある

交通事故には、普通に怪我をしてしまったものと後の日常生活に支障が出てしまう程度の怪我をしてしまうものと二つの種類が存在します。 この場合、後者の生活に支障が出る程度で怪我をしてしまった場合には数億円というお金を保険会社から請求できるのです。 こうした交通事故に関する怪我を後遺障害と言いますが、後遺障害は根本的に他の怪我とはレベルが違うものと判断されます。 そもそも、後遺障害にもそれぞれのランクが設定されています。 そのランクに応じてどのくらいの賠償額を請求できるかが異なっており、ランクが高いほど身体に大きな影響が残っていることを意味するのです。 後遺障害は、後の人生に大きな影響を残す怪我であるためそれ相応の金額を請求できて当然なのです。

書面審査で認定をもらう

原則として、後遺障害の認定は必要な書面を提出することによって審査に通ることになります。 交通事故で後遺障害が残った場合には日常生活を送ることが困難なため、なるべく大きな金額を請求できるように心がけなくてはいけません。 一般的には、病院からもらった診断書やそれに関連する諸経費、会社などで得ていた給料などを勘案して賠償を請求することができます。 特徴的なのは、こうした認定を受けた後であっても別に慰謝料請求を行うことができる点にあります。 交通事故の後遺障害とそれによって生じた精神的な苦痛は別の権利だと解釈されているため問題なく利用できるのです。 弁護士にそのことを主張していれば適切な請求をすべて代行でやってくれるため、安心して任せましょう。

オススメリンク

↑ PAGE TOP